JTB CHINA > 中国文化情報 > 中国茶の楽しみ方
 
 

中国茶の楽しみ方

お茶と言えば中国。中国と言えばお茶。中国茶,緑茶,白茶,青茶,黄茶,紅茶,黒茶など中国のお茶の楽しみ方のご紹介です。

中国茶を知る

中国文化を代表するお茶文化

お茶は、中国が発祥といわれるほど、その歴史は古く紀元前にすでに飲まれていたといわれています。
中国茶といえば烏龍茶やプーアル茶、ジャスミン茶などを想像される方が多いのではないでしょうか。しかし、さすがは四千年の歴史を誇る中国茶、その種類は2,000~3,000もあるといわれるほど奥が深い中国茶を紹介します。

中国六大茶

中国茶には発酵度合いや、製造法により6つの分類に分けられています。それぞれのお茶が持つ効能、味わいや香りを本場の中国で堪能してみてはいかがでしょうか。

  六大茶名称 説明 有名な茶葉
緑茶 緑茶 緑色を保持するために百度~2百度のなべで炒めて製造。無発酵。中国の中でも一番よく飲まれるお茶です。 雨前龍井
icon 碧螺春
icon 黄山毛峰
白茶 白茶 日の光を浴びせ、自然のままに発酵させるため、香りが非常に良い。 白毫銀針
白牡丹
福建雪芽
青茶 青茶 青茶とは日本でも有名な烏龍茶の事で、発酵度は紅茶と緑茶の半発酵させたお茶。入れ方も他のお茶より複雑です。 烏龍王
東方美人
安渓鉄観音
黄茶 黄茶 緑茶と工程が似ているが、その違いは最期の乾燥前に軽く発酵させる。 君山銀針
蒙頂黄芽
雀山黄芽
紅茶 紅茶 紅茶は緑茶とは違い完全に発酵させたお茶。「紅茶」という名前は「其汤色红」という言葉からきています。 祁門紅茶
正山小種
英徳紅茶
黒茶 黒茶 黒茶は出来上がった茶葉にさらに水を含ませ、再発酵させるお茶。 陳年普洱
千両茶
河西園茶

この他、烏龍茶や緑茶に花の香りを移したり、花そのものをお茶にする花茶があります。茉莉花茶、菊花茶もこの花茶に属します。

 
 
Valid XHTML 1.0 Transitional