JTB CHINA > お役立ちFAQ > 中国国内の格安航空券チケットとは?
 
 

中国国内の格安航空券チケットとは?

中国国内の格安航空券チケットとは?
格安航空券チケットってどんな仕組み?変更取り消しは?そんな格安航空券チケットの疑問悩みを一気に解決!

 
1.中国国内線格安航空券の仕組みとは?
  格安航空券は、いわゆる残席数によって市場に出回るもの。運行するシーズンや路線、機材の調整、航空会社の年間事業計画による都合など、さまざまな要因によって市場に出てくる。一般的には、人気のない路線や、出発時間が早朝・深夜の便などは、座席が余ってしまうことが少なくない。そのような場合には、普通運賃として販売されなかった分が格安航空券として発売されることになる。残席数やチケット料金は刻々と変化していくので、オンラインで照会できるサイトを利用して、インターネットでこまめにチェックするのがいい。

  2.チケット購入後の予約変更や払い戻しは可能?
割引運賃適用の航空券の場合、その割引率などにより予約変更や払い戻しの規定が異なってくる。一般的には、変更・取消規定に基づいてチャージがかかるが、予約変更や払い戻しができる場合もあるので、まずは販売代理店に問合わせてみるのがいい。  

 
3.欲しい格安航空券を確実に入手する方法は?
  出張や旅行の日程が決定したら、まずはインターネットなどで調べてみることだ。運行スケジュールや料金、機材などは、日本語でも簡単に検索できる。これだ!と思った便があったら、すぐに予約・発券まで済ませてしまうのがポイント。一般的には、出発の10日、もしくは15日前までの購入であれば、お得なディスカウントチケットが入手しやすい場合が多い。価格情報がリアルタイムで詳細にチェックできる日本語のサイトもあるので、サービスを利用してみるのがいいだろう。

  4.利用する中国国内線のフライトが取消や遅延になったらどうすればいい?
  欠航や遅延などといったトラブルは、機材繰りの問題や運行スケジュールの遅れなど、航空会社の事情によるものがほとんど。その場合は航空会社が振替え案を用意してくれる。まずは便を予約した航空会社のカウンターで問合せてみよう。ただし、中国系エアラインなら日本語はまず通じないので、中国語または英語での交渉となる。いずれにせよ、格安航空券チケットだからとあきらめてしまわずに、粘り強く交渉してみよう。
● 振替え便に搭乗する場合
 ・同じ航空会社で別の便を用意してもらう
 ・別の便が手配できない場合、違う航空会社の便に 振替えてもらう
 (予約便の航空会社カウンターで認証をもらい、それを振替え便航空会社のカウンターへ渡してチェックインとなる。
 予約便と代替便との割引率の差によって、差額が発生する場合があるので確認が必要)
● 時間や日程が合わず振替え便に搭乗しない場合
 ・航空会社より証明書をかならずもらい、後日払い戻しを受ける
● 出発前日以前に取消しや遅延となった場合
 ・チケット販売会社へ連絡し、別便の手配を依頼
 ・振替え便の用意ができない場合は一般的に全額返金が可能
 

 
5.トラブルの場合の対応先は航空会社? 販売代理店?
  トラブルの種類によるが、一般的には出発前に発生したトラブルに関しては、販売代理店へ連絡を入れる。また、空港でのトラブル、または出発後のトラブルに関しては、直接航空会社へ連絡して交渉することになる。

  6.中国系エアラインでも事前座席指定はできる?
 
今ではインターネットや電話などで、ほとんどの便で座席指定が可能となってきている。ただし、航空券の種類や航空会社の都合により指定できない便もあるので注意が必要。また、事前指定をした場合でも、空港でのチェックイン時に変更となることもあるので、早目のチェックインをおすすめしたい。  
 
 
Valid XHTML 1.0 Transitional