JTB CHINA > 中国ホテル > 今月のホテルHot! > グオマンホテル上海/天津アスターホテル・中国 週末ホテルHot!(2010年11月)

グオマンホテル上海/天津アスターホテル・中国 週末ホテルHot!(2010年11月)

新着情報

現地オプショナルツアー

HOTEL WEEKEND 2010年11月

ウィークエンドにちょっと贅沢。時には優雅に憧れのホテルステイ。記念日や自分へのご褒美に。 

グオマンホテル上海(Guoman Hotel Shanghai・上海国丰酒店)

英国で展開する、格式高いGUOMAN HOTEL が、長風公園に隣にオープン。
洗練されたイングリッシュスタイルのおもてなしに期待!

 虹橋・古北エリアから車で約10~15分、水と緑に囲まれた長風公園のすぐそばにオープンした、英国ブランドのホテル。館内は、英国調のインテリアでしつらえてあり、レストランやロビーラウンジでは、伝統的なイングリッシュスタイルのアフタヌーンティーや各種ビュッフェを提供。落ち着いた雰囲気のゲストルームは442部屋あり、そのうち125部屋は60平方メートル以上のスイートという贅沢なつくりになっている。事前に予約をすれば、空港からホテルまでラグジュアリーな高級リムジンでの送迎サービスも行っている。現在、ホテルを取り巻くように、ショッピングモールやコンベンションセンター、ジャッキー・チェンミュージアムなどが建設されており、来春には周囲はますます華やかになるだろう。

グオマンホテル上海(Guoman Hotel Shanghai・上海国丰酒店)

(上段)①空港からホテルまで、高級リムジンでの送迎サービスも行っている(要予約)(下段)②パークビューの部屋からは、緑豊かな長風公園が一望できる③32平米~のゲストルームは、42インチのテレビやiPodスピーカーなどを完備④最大750名収容可能なバンケットルーム⑤用途に合わせて、10通りの利用ができる会議室⑥自然光が注ぎ込む全面ガラス張りのプール

グオマンホテル上海(Guoman Hotel Shanghai・上海国丰酒店)

The Market

6:30~23:00The Market

イギリスのごちそうがズラリ!

 自家製にこだわったイングリッシュスタイルのビュッフェが楽しめる。おすすめは、毎週日曜日の12:00~17:00まで開催しているサンデーブランチ(248元※サービス料含む)。キッズルームもあるので、ご家族でどうぞ!

銀鋤軒(2階)

11:30~14:30 17:30~22:30銀鋤軒(2階)

フュージョン四川料理

 ホテル2階にある中華レストランでは、素材の旨味をいかした、辛過ぎずあっさりめの味付けの四川料理が味わえる。料理は、海の幸と山の幸をふんだんに使った、伝統的なメニューから、オリジナルアレンジを施したフュージョン系まで幅広い。レストランには、中華様式の大小6つの個室があり、大切な会食などにもおすすめの1軒だ。

GB Bar(1階)

17:00~深夜GB Bar(1階)

居心地の良いバーラウンジ

 定番のカクテルはもちろん、各国ビールやブリティッシュカクテルを豊富に揃えるバーラウンジ。ロビー1階の奥にあり、人の流れを気にせず、ゆっくりと美酒が楽しめる。スタンディングのバーカウンターとソファー席があり、カクテルパーティも開催できる。

SPA

SPA

ワンランク上のSPAメニュー

 落ち着いた雰囲気の中、気軽なマッサージや本格エステが受けられる。エステメニューには、ドイツ・バーデンバーデン生まれの化粧品「BIODROGA」を使用した、贅沢なコースもある。お肌の潤いとダメージが気になる方は、ぜひ試してみて!

ホテルを支えるスタッフ

Suat Binkaya 氏
Suat Binkaya 氏
Hotel Manager

 GUOMAN HOTELは、イギリス国内で5軒展開する格式高いホテルです。マニュアルどおりのサービスではなく、お客様お一人お一人に合わせたイングリッシュスタイルのサービスを提供してまいります。当ホテルは、日本人のみなさまに便利な中山公園や虹橋・古北エリアに近い場所に位置しています。レストランでのお食事や、旅行、出張などに、ぜひご利用ください。



天津アスターホテル(The Astor Hotel・天津利顺德大饭店)

1863年創業のクラシックホテル。物語に囲まれて近代天津へ時間旅行。

 利順徳大飯店。国家第一級保護対象に指定されている中国唯一のホテルだ。同時に、スターウッドホテルグループにおいて、特に歴史や建築に価値を持つホテルだけで構成するブランド、クラシックコレクション系列に指定されている。大規模なリニューアルを経て、今夏に開業した。旧館(利順徳館)と新館(海河館)から成り、前者では近代天津でホテルが積み重ねた星霜が、後者ではクラシックコレクションならではのゴージャスな内装と、現代天津が誇る海河の景色が楽しめる。歴史好きには断然旧館がおすすめ。年月を経る間に改装を重ねた外観を当初のブリティッシュコロニアルスタイルに戻し、浴室などに最新設備を導入したほかは、創業時の雰囲気をそのまま残した。ロビーから客室、レストランまで、ホテル中が宝物であふれている。地下に新設された利順徳博物館もぜひ訪れたい。ガラス張りの天井で覆われたヴィクトリアラウンジや、公園を臨む利順徳館のバーも素晴らしい雰囲気。日本からのお客様を連れて行けば喜ばれること間違いなしだ。

天津アスターホテル(The Astor Hotel・天津利顺德大饭店 豪华精选酒店)

(上段)①執務室と寝室からなる孫文ルーム。当時のままのインテリアで、宿泊可能。そのほか、アメリカ第31代大統領・フーヴァールームもある。②利順徳館の優雅なロビー。雰囲気にうっとり。③利順徳館地下の利順徳博物館。当時の家具(実物)を使って客室を再現。見学はフロントにて要申込(火曜定休)。④1863西洋料理レストラン。フーヴァーなど4人の歴史的人物が実際に食したコースを、残されたメニューから再現して提供する。フィーヴァーコース208元(サ別)など。⑤利順徳館の廊下。分厚い絨毯に足音が吸い込まれ、密やかな雰囲気に満ちている。⑥孫文ルームのバスルームにはこんなシックな洗面台が。シャワーブースや猫足バスタブなど、組み込まれている設備は最新なので安心して。⑦海河館のスイート。暗めの利順徳館とは対照的に、海河館は白をベースにした明るい雰囲気。⑧フロント。入口は台児庄路側(海河側)にあり、解放北路からは入れないので注意。

天津アスターホテル(The Astor Hotel・天津利顺德大饭店 豪华精选酒店)

ホテルを支えるスタッフ

于 晨さん
于 晨さん
マーケティング&広報マネージャー

 オーストラリアのパースに5年ほど留学していたという于晨さんは英語堪能、楽器や水泳もたしなむ才媛。「アスターホテルの素晴らしいところは、旧時代と新時代がひとつになっているところです」。明るい新館に宿泊して旧館を参観したり、静かな旧館で夜を過ごして歴史に浸り、新館の華やかなレストランを利用したり、さまざまな使い方をしてほしいという。

※こちらの情報は「Whenever ONLINE」からの提供です。
※掲載内容のスケジュールは予告なく変更されることがあります。事前に各ホテルにお問合せください。
今月の特選ホテルトップに戻る