JTB CHINA > 中国ホテル > 今月のホテルHot! > ラッフルズ天津・中国 週末ホテルHot!(2010年10月)

ラッフルズ天津・中国 週末ホテルHot!(2010年10月)

新着情報

現地オプショナルツアー

HOTEL WEEKEND 2010年10月

ウィークエンドにちょっと贅沢。時には優雅に憧れのホテルステイ。記念日や自分へのご褒美に。 

ラッフルズ天津(Raffles Tianjin・天津莱佛士酒店)

憧れのラッフルズでおこもりステイ。芯まで癒される大人の週末。

 ラッフルズ天津では、利用客を「レジデント」(住人)と呼ぶ。たとえ1泊でも、自宅のような寛ぎを感じてほしいからだという。世界が認めるホテルにふさわしく、最上級の設備、サービスを用意しながら、決して押しつけがましくしない。そんな心地よいホスピタリティをはビジネス利用でも十分に体感できるが、天津在住者には週末おこもりステイをおすすめしたい。「近所に泊まるの?」と言うなかれ。全室36 階以上、面積60 平米以上という贅沢ホテルで過ごす一夜は、プライス以上の体験となること請け合いだ。特にバスルームの広さ、眺めのよさはため息もの。チェックインしたら、優雅に午睡を楽しむもよし、読書に没頭するもよし。全室にマロンゴ社のエスプレッソマシンがあり、薫り高いコーヒーをいつでも楽しめるし、全室無線LAN完備でPC を開くだけでネットにつながる。フィットネス&プール(宿泊者無料)、スパ、レストランも素晴らしい。一日中ここにいたいと思わせるホテル、ご褒美ステイやプレゼントにぜひ利用してほしい。

ラッフルズ天津

(上段)①エグゼクティブルーム(コーナー)。64平米。2面に窓があり、開放感たっぷり!②夕暮れ時、絶景を見ながらのバスタイムはまさにパラダイス。(下段)③主役級の広さを持つバスルーム。独立したシャワールーム、2つの洗面台がある。④和食は49階のレストラン・SóUでどうぞ。鉄板焼カウンターの向こうには夜景が広がる。⑤中華料理の天青軒(チン・パレス)。今が旬の上海蟹を堪能したい。⑥1階ロビーではアフタヌーンティが楽しめる。⑦ライブラリー兼ビジネスセンター。つかず離れずのサービスがうれしい。⑧オペラ・カフェ。ちょっと贅沢な朝食は週末おこもりに欠かせない。

ラッフルズ天津

ホテルを支えるスタッフ

春山 雅靖さん
春山 雅靖さん
日本料理部門料理長

 バリ、ジャカルタ、ドバイ、カイロといった世界有数のリゾート地にあ高級ホテルを渡り歩き、名だたるVIPの舌を満足させてきた春山さん。この春から天津のトップレストランを目指すSóUで腕をふるっている。食材が入手しにくいなど困難はあるが、「軸をずらさず、本物を追求していけば、いつしかその店のカラーがついてくる」。一期一会の原点を胸に、今日も非日常体験を演出する。

※こちらの情報は「Whenever ONLINE」からの提供です。
※掲載内容のスケジュールは予告なく変更されることがあります。事前に各ホテルにお問合せください。
今月の特選ホテルトップに戻る