JTB CHINA > 中国ホテル > 今月のホテルHot! > 今月の広東ホテルHot!(2011年3月)

今月の広東ホテルHot!(2011年3月)

新着情報

現地オプショナルツアー

広東 2011年3月

広東ホテルから届いた様々な情報を毎月お届けします。お得な情報、新着情報、スタッフの声などをご紹介します。

広東

シャトースターリバー広州海怡ペニンシュラ

チーズメニューのビュッフェが登場
シャトースターリバー広州海怡ペニンシュラ
 シャトースターリバー広州海怡ペニンシュラのE-Caféでは、チーズメニューのビュフェが登場。このメニューは、フランス風チーズ白身魚のソテーやエビのチーズフォアグラ焼きなどちょっとコッテリしたメニューがそろっている。料金は168元と298元の2種類で、メニューから注文できる種類が異なる。また、アルコールを除く飲料系は料金に含まれる。
海怡半岛星河湾酒店
Chateau Star River Guangzhou Haiyi Peninsula

クラウンプラザ広州サイエンスシティー

交易会価格を発表
クラウンプラザ広州サイエンスシティー
 4月の広州交易会に向けた客室価格を発表。同期間中、スーペリアが1泊1180元から。同ホテルにはiMacステーションや無線LAN、電子ボード、会議室、会場までの直通バスなどビジネスのやり取りに欠かせない備品やシステムを備わっている。またゲストが会期中にホテルでリラックスできる心暖まるサービスを用意している。詳細はホテルに直接ご連絡を。

フォーポインツバイシェラトン広州東圃

新総経理が着任
フォーポインツバイシェラトン広州東圃
 新総経理・Chris Tsoi氏が着任。同氏は、アメリカの大学でホテル管理業務を専攻。06年にスターウッドグループの上海瑞吉紅塔大酒店、08年にはシェラトン三亜、シェラトン順徳の総経理を歴任後同ホテルに着任した。就任に当たり、「ホテルスタッフがホテルとともに成長し、ホテルの楽しさをクライアントに伝えて行きたい」と抱負を述べた。
广州东圃合景福朋喜来登酒店
Four Points by Sheraton Guangzhou Dongpu

シェラトン恵州ビーチリゾート

国際女性デー記念にプレンゼントを用意
シェラトン恵州ビーチリゾート
 3月8日の国際女性デーを記念して、同ホテルの中華料理店・采粤軒にてセットメニュー(298元か3000元)を利用した女性にチョコレートを1箱プレゼント。同ホテルは、巽寮金海湾の岬に面し、周囲を白い砂浜で囲まれたリゾートホテル。快適な設備とゲストが満足するトップレベルのサービスを提供。天気のいいウィークエンド家族や友達と一緒に過ごしたいホテルだ。
惠洲金海湾喜来登度假酒店
Sheraton Huizhou Beach Resort

ザ・リッツ・カールトン深圳

Paletto深圳が2010年ベスト50レストランを受賞
ザ・リッツ・カールトン深圳
 去る1月15日、雑誌「美食与美酒」において、ザ・リッツ・カールトン深圳のイタリアンレストラン・Palettoが第5回2010年ベスト50レストランに選出された。すべての面においてクオリティの高い同レストランでは、本物のイタリアの味を再現。美酒に合うメニューやゲストの嗜好に合わせた味付けを行い、利用者からの評価は高く、これらの評判が今回の受賞に繋がった。
深圳星河丽卡尓顿酒店
The Ritz-Carlton Shenzhen

深圳南海ホテル

開業25周年記念に特別プロモーションを用意
深圳南海ホテル
 今月で開業25周年を迎えさまざまなプロモーションを用意。ビュッフェのPatioでは当店自慢の記念メニューをプレゼント。また中華料理店・海叙苑ではシェフが丹精込めて作り上げたアワビを特別価格で提供。フランス料理の燕巣庁ではステーキグルメの旅にちなみ、スペアリブ、リブアイ、牛ヒレなどの特別メニューを用意。この機会に記念となるメニューを堪能してみては。

▼耳より情報


T70次 ウルムチ~北京西
30時間台に突入したシルクロード特快

 11年1月11日に山西省の太原と寧夏回族自治区の中衛間の横一直線を結ぶ751キロの太中線が開通し、この西部のバイパス路線を経由する列車ダイヤが大幅に短縮した。なかでもウルムチと北京を結ぶT70次は距離600キロ、7時間の短縮に成功。1泊2日のダイヤが実現した。
15年前の時刻表なら考えられなかった北京とウルムチを結ぶ特快列車の乗車時間の変化。75時間3泊4日が33時間の1泊2日に短縮したことは、北京から新疆方面の列車旅がしやすくなったことを意味する。現在同列車は双方を10 時台に出発し、翌日の19時台に到着するダイヤを組んでいる。ファンならぜひとも体験してほしい新線区間の沿線状況を考え、同区間を昼間走るウルムチ駅発T70次に乗車した。真冬の日の出時間は9時半という西域のウルムチ。まだ薄暗いなか切符改札が始まる。マイナス14度という気温のホームの上をいそいそと軟臥車両に駆け込む。さすがに暖房はバッチリ効いており、洗面所もお湯が出る親切設定だ。ウルムチ駅を発車した同列車はひたすら東南方向に向かって進み、長城の最西端である嘉峪関で夜を迎える。翌日はすでに太中線を全速140キロで爆走しており、東に進むにつれて変わる景色を堪能できる。陝西省定辺駅を過ぎると砂漠から次第に山が増え始める。
T99/100次 上海~九龍 買出しと観光の需要で人気を呼ぶ列車
T99/100次 上海~九龍 買出しと観光の需要で人気を呼ぶ列車
綏徳駅を過ぎると、この地域独特の「ヤオドン」と呼ばれる横穴式住居が増え始め、次の呂梁駅までに黄河を渡る。呂梁駅から太原駅まではひたすら渓谷とトンネルが続く景色に様変わり。よくもこんな環境に線路を通したものだと感心。あれよあれよという間に北京西駅に到着してしまった。この列車は軟臥の外国人に対しては「外賓」待遇をしてくれた。普段は相部屋となる個室を乗務員が途中乗車の乗客を同室にあてがわず、部屋を占有できるように配慮。おかげで快適な車内ライフを満喫できた。ここまで、便利になってくると心配なのが切符の手配。シルクロード旅行がより近い存在となったため、シーズン中の切符手配は難航を極めそう。北京発よりウルムチ発の方が入手しやすいかも。

■10時13分~翌19時41分 ■33時間28分 ■3105キロ

■硬座:316元、硬臥:569元、軟臥:874元
※こちらの情報は「Whenever ONLINE」からの提供です。
※掲載内容のスケジュールは予告なく変更されることがあります。事前に各ホテルにお問合せください。
今月の特選ホテルトップに戻る