JTB CHINA > 中国世界遺産 > 世界文化遺産・平遥古城
 
 

世界文化遺産・平遥古城

まるで時代劇の世界! 歴史と文化が息づく街

     平遥古城は、明代に築かれたレンガ造りの城壁が街を取り囲む城壁都市です。城内に入る門は、南北に各1か所と東西に各2か所の計6か所のみ。平遥古城を訪れたらぜひ北側の拱極門から城壁の上に上がってみましょう。城壁が街をぐるりと取り囲んでいるのがよくわかるはずです。城内には、まるで時代劇映画のセットのような歴史情緒たっぷりの街並みが広がります。瓦屋根の古建築が軒を連ね、近代的な建物はどこにも見当たりません。      清代に金融の中心地として栄えた平遥は、現代に通じる経済社会を知る上でも興味深い街です。街には「票号」といわれる個人金融機関の跡地が数多く残り、当時の繁栄ぶりがうかがい知れます。1997年に世界文化遺産に登録されてからは、古建築を改装した趣のあるホテルやレストランなども登場し、世界中の旅人を魅了しています。

平遥古城 平遥古城 平遥古城

世界遺産登録:1997年

平遥古城
 

平遥古城へのアクセス

  •  平遥古城は、山西省中部にある晋中市平遥県に位置します。山西省の省都である太原からは南へ95キロ。最寄りの太原武宿空港からは90キロの距離です。平遥古城の周辺には、古い歴史をもつ双林寺や鎮国寺といった名刹の他、チャン・イーモウ監督の映画『紅夢』のロケ地となった喬家大院をはじめとする山西商人の大邸宅も点在しています。
 
 

世界遺産に選ばれた理由

  •  平遥古城は、明清時代の城壁とその街並みが極めて良い保存状態で残されていることが評価され、1997年にユネスコ世界文化遺産として登録されました。平遥古城は、漢民族が中原に形成した城壁都市の典型であり、その築城構成から漢民族の文化思想をうかがい知ることができます。また城壁や古建築などは、その建築様式はもちろん、当時の文化、社会、経済を研究する上でも非常に価値のある貴重な現存資料といえます。
平遥古城
 

平遥古城の歴史

  •  平遥古城の城壁の基礎は、2700年前の西周時代に作られたといわれています。その後、明の洪武3年(1370年)にそれを拡張させて約6キロにわたるレンガ造りの城壁が築かれました。現在見ることができる城壁の形は、この時期に完成したもので、これまで数度の改修が行われているものの、ほぼ完璧な姿で当時の風貌を留めています。
     清代末期になると平遥古城は金融都市として栄え、山西商人と呼ばれる人々がこの街を拠点にして中国全土や海外へと進出しました。激動の時代とともに山西商人は衰退し、平遥は20世紀後半までひなびた地方都市として時代に取り残されたかのように存在していました。しかし1997年世界文化遺産に登録されてからは一躍脚光を浴びることとなり、一年を通して世界中から旅行者がやって来る観光都市となりました。
平遥古城
 

平遥古城の見どころ

  • 1、日昇昌(中国票号博物館)
  •  日昇昌は清の道光4年(1824年)に平遥で創業した中国初の個人金融機関です。もともと顔料問屋として全国に支店をもっていた日昇昌は、そのネットワークと財力を活かして金融業を始めました。このような金融機関のことを「票号」と呼び、清代末期には実に全国の半分以上にあたる20軒以上の票号が平遥にあったそうです。中でも日昇昌は特に規模が大きく、幅広い経営を行っていました。現在は当時の建物を一般公開し、票号に関する資料を展示する博物館となっています。

  • 2、市楼
  •  平遥古城の中心にある市楼は、3層のひさしを有する高さ18メートルの木造楼閣です。市楼が創建された年代は不明ですが、清の康煕27年(1688年)に建て直しが行われ、その後数度にわたり補修が行われたという記録があります。屋根には瑠璃色の瓦を使って「喜」「寿」という図案が施されており、昔から街のシンボルとして親しまれてきたようです。入場料を払えば楼閣の上に登って見学することも可能。周囲には高い建物がないため、明清時代にタイムスリップしたような気分で平遥古城の街並みを一望することができます。

  • 3、中国鏢局博物館
  •  「鏢局」とは、為替がまだ広まっていなかった時代、金品輸送をする際の護衛にあたった業者のことです。今でいればボディガードの派遣会社といったところでしょうか。この中国鏢局博物館は、明代に鏢局業者が使用していた建物を利用して、武器や金品輸送車の復元模型、資料などを展示しています。敷地内には、武術練習場の跡や金庫が残るなど、他の古建築とは異なる様式が所々に見受けられます。

  • 4、蔚盛長
  •  蔚盛長は絹織物屋から発展した票号です。日昇昌に比べると建物の規模は小さいですが、清代には相当な財を成していたと考えられます。というのは、清代末期、八カ国連合軍の北京進攻を逃れて南下して来た西太后と光緒帝は、金の工面をするため平遥に立ち寄り、その際に光緒帝はここ蔚盛長に宿泊したという史実が残っているからです。そのため蔚盛長の入口には光緒帝の像が置かれ、部屋には光緒帝が横になったというベッドも残されています。
平遥古城 平遥古城 平遥古城
 

中国各地より平遥古城へ訪れる中国国内ツアー(宿泊+送迎+観光+日本語ガイド付き)

 

北京市内から平遥古城へ行くオプショナルツアー・マイバス

 

平遥古城の基本情報

 
Valid XHTML 1.0 Transitional