JTB CHINA > 中国世界遺産 > 世界自然遺産・中国南方カルスト
 
 

世界自然遺産・中国南方カルスト

50万年から3億年の間に形成された地形

    中国南方カルストは雲南省石林、貴州省茘波、重慶市武隆の2つの省と1つの直轄市にまたがり、中国全土のカルスト地形の55%を占め、総面積は1460平方キロメートルに及びます。 雲南石林の剣状、柱状、塔状カルスト、貴州茘波のカルスト原生林、重慶武隆の天龍橋、地縫、天洞などを主とするカルストで構成されています。50万年から3億年の間に形成されたもので、長江三峡の形成過程などを知るうえで、貴重な地質学上の証拠となっています。

中国南方カルスト中国南方カルスト中国南方カルスト

世界遺産登録:2007年

 
 

中国南方カルストへのアクセス

  • 世界最大級のカルスト地帯です。
  • 中国南部の雲貴高原一帯、石林は昆明(空路は広州など経由)から南東に約70km(直行バスがある) 。
 

中国南方カルスト

中国南方カルスト
  • 昆明(クンミン)から南東へ約90KMにある景勝地。石灰質の岩盤が風雨に侵食され鋭い岩山となった。森林の中に、大小形も様々な石柱が幾重にも重なり続く、まるで石の森林のような珍しい光景が広がる。
 

中国各地より中国南方カルスト(雲南石林、貴州茘波、重慶武隆など)へ訪れる中国国内ツアー(宿泊+送迎+観光+日本語ガイド付き)

 

昆明のホテル

 

昆明の基本情報

 
Valid XHTML 1.0 Transitional