JTB CHINA > 中国世界遺産 > 世界文化遺産・龍門石窟
 
 

世界文化遺産・龍門石窟

北魏から唐代まで約400年間にわたり掘り続けられた仏教石窟
則天武后がモデルといわれる廬舎那仏がある

    龍門石窟(りゅうもんせっくつ)は洛陽市から約12キロ南に位置する仏教石窟で、敦煌の莫高窟、大同の雲崗石窟とならぶ中国三大石窟の一つと言われています。石窟の造営は493年にこの地に遷都してきた北魏によって始められ、その後唐代に至るまで約400年にわたり続けられました。伊河(いが)の両岸に約1キロにわたって1,352の石窟があり、仏像の数だけでも9万7300体になります。これらの中で特に有名なのが、香山にある奉先寺洞(ほうせんじどう)です。奉先寺洞は則天武后の寄進を受けて675年に完成した龍門石窟最大の石窟で、則天武后をモデルにしたといわれる高さ17メートルの廬舎那仏で知られています。

世界遺産登録:2000年

 
 

龍門石窟へのアクセス

龍門石窟
  • 400年間に造営された中国最大規模の造営芸術です。
  • 中国中東部、鄭州から西に約120kmの洛陽郊外(列車で約2時間)
 

龍門石窟

龍門石窟
  • 伊水のほとり、大同と敦煌に並ぶ中国三大石窟のひとつ。石窟、仏龕があわせて約2,100、大小の仏像が約10万体、碑文3,600あまりがぎっしりと並ぶ。近くに唐代の有名な詩人白居易の墓、白園がある。
 

中国各地より龍門石窟へ訪れる中国国内ツアー(宿泊+送迎+観光+日本語ガイド付き)

 

洛陽の基本情報

龍門石窟
 
Valid XHTML 1.0 Transitional