JTB CHINA > 中国世界遺産 > 世界文化遺産・麗江古城
 
 

世界文化遺産・麗江古城

少数民族の素朴な文化が活きる街

    小川を挟んで続く木と土でできた素朴な色彩の街並。麗江古城は外国であるにもかかわらず、田舎に帰って来たような懐かしさを感じさせてくれる街です。

    中国の街は「城」と言われるように、周囲を城壁で囲まれているのですが、麗江古城に城壁はありません。それがいっそう街並を優しいものにしているのかもしれません。小川にはたくさんの橋が架かっており、その数はなんと354にもなるとか。種類も様々で石造りのもの、木製のもの、屋根付きの豪勢なものなどがあり、明、清の時代にできたものがほとんどです。

    この街は元の時代にナシ族が住み着いてできたのがはじめと言われています。ですから今もナシ族が人口の60%以上を占めています。今は麗江古城と呼ばれていますが、ナシ族によるこの街の名前は「巩本知」、穀物倉庫と市場を意味する言葉を組みあわせたものです。その名の通り、この街は交易で栄えた街でした。

    高地にありますが、水には恵まれており、5月から10月は雨期です。観光におすすめなのは9、10月、たまに降る雨がまた街に風情を添えてくれます。

麗江古城麗江古城麗江古城

世界遺産登録:1997年

麗江古城
 

麗江古城の位置及び周辺情報


     雲南省の省都である昆明市から北西へ約300キロの山中にある麗江には、飛行機で行くのが便利でしょう。麗江空港は古城から28キロほどと比較的近くにあります。また、その名にふさわしい美しい自然に恵まれたシャングリラにも隣接しています。

 
 

世界遺産に選ばれた理由

麗江古城 麗江古城
  •     ナシ族、漢族、白族、彝族、チベット族といった各民族の特徴が見られる建築群が、民族発展史、都市建設史のすばらしい資料であり、文化的遺産であるとして、1997年末に世界遺産として登録されました。
 

麗江古城の歴史及びエピソード

  • トンパ文字
  •     見るとほっこりしたイメージを伝えてくれるトンパ文字、この文字は世界で唯一の活きた象形文字、と呼ばれるものです。一時期日本でも流行していたので、ご存知の方も多
  • いかもしれません。
  •     トンパとは「東巴」と書く、ナシ族の古い文化です。このトンパ文字を始め、トンパ教、トンパ画、トンパ舞踊、トンパ音楽など、幅広いナシ族の独自の文化です。トンパ教は多
  • 神教で、教典はトンパ文字で書かれています。
  •  
  • 三朵の伝説
  •     ナシ族のお祭り「三朵」節は毎年旧暦の2月8日に行われます。三朵とはナシ族を守る神様の名前で、玉龍雪山の化身です。雪山の化身なので、白馬に乗り、白い鎧兜で身
  • を覆い、白い矛を持っています。
  •     三朵にはこんな伝説があります。ある狩人が毎日玉龍雪山で借りをしていました。ある年の2月8日、雪山で不思議な石を見付けました。石はすごく大きく武将のような形をし
  • ていますが、とても軽いのです。狩人は之を背負って山を下りました。山麓について石をおろし一服、さてもう一度背負おうとしたのですが、今度はとても重くて動かすことができ
  • ません。そこでこれは神の化身だろうと、祠を造って祀ることにしました。
  •     その後、人々は真っ白い鎧兜の武者をたびたび目にすることとなりました。戦争の時には兵馬を率いて戦い、火災の時には雪を降らせ、疫病が流行ったら風を起こして瘴気
  • をはらしてくれます。そこで人々は感謝の気持ちをこめて、毎年2月8日にお祭りを行うことにしたのだそうです。
  •  
 

麗江古城の見どころ

四方街

    麗江古城の中心となる大きな広場です。ここは茶馬古道という昔の東西通商ルートの重要な拠点のひとつでした。茶馬古道は唐代に始まったとされ、中国の茶の産地からラサやネパールを通って、西アジア、紅海沿岸にまで到達する、約4000キロにもおよぶ商売の道です。主な移動手段は馬ではなくラクダです。「茶馬古道」という名に含まれている「馬」は、移動手段ではなく、交易商品のことを指しているのです。

雲崗石窟
 
木府

    木府はナシ族の族長である木氏の邸宅です。

    ナシ族の族長であった阿甲阿得という人が明の頃、皇帝の朱元璋から「木」という姓をもらい、木氏が誕生しました。朱元璋が「木」という姓を与えたのは、ナシ族が太陽と木を重要視していたからです。太陽は東から昇りますが、東は木に属することとなっている方角なのです。普通、中国では家は風水の考えから南向きであることが多いのですが、ナシ族はこういった考えから家が東を向いています。

    木氏は清代になって中央の役人が派遣されて来たために、トップではなくなりましたが、それまではずっとこの地方の最高権力者でした。むろん、清代にも陰の実力者であり続けたはずです。

    木氏の邸宅は古い時代の中国の建築をもとに、ナシ族や白族の雰囲気を加えたものです。その立派さにはナシ族族長の大きな権力を感じることでしょう。

雲崗石窟
 

玉龍雪山

    玉龍雪山は北半球で最も南にある万年雪を有した山です。主峰の高さは5596m、ナシ族をはじめ、麗江にすむ多くの民族から聖なる山とされています。山には氷河などもあります。
    ロープウェイで約4500mの地点まで上ることができます。夏の盛りにもほんの数十分で雪を楽しむことができる、不思議なスポットです。

雲崗石窟
 
 

中国各地より麗江古城へ訪れる中国国内ツアー(宿泊+送迎+観光+日本語ガイド付き)

 

麗江のホテル

 

麗江の基本情報

 
Valid XHTML 1.0 Transitional