JTB CHINA > 中国世界遺産 > 世界文化遺産・明清朝の皇帝陵墓群
 
 

世界文化遺産・明清朝の皇帝陵墓群

明十三陵は明代の13人の皇帝が眠る陵墓

    明・清王朝の皇帝墓群(みん・しんおうちょうのこうていぼぐん)は、中国の古代王朝である明と清ならびに清の前身後金の25人の中国各地にある皇帝の陵墓となります。
    世界遺産として登録されている陵墓は、北京郊外の明の十三陵、河北省の清の東陵、清の西陵、遼寧省の北陵、東陵、永陵、江蘇省の明の孝陵、明の祖陵、湖北省の明の顕陵となります。
    このなかで、明十三陵は北京の北西約50キロにある明代13人の皇帝と、23人の皇后、1人の貴妃の陵墓となり世界で最大の陵墓でもあります。(初代皇帝、太祖洪武帝陵だけは南京にあります)。
    このうち都を北京へと遷都した成祖永楽帝とその皇后が眠る長陵(ちょうりょう)が最古(1413年造営)にして最大ものです。13ある陵のうち長陵、定陵(ていりょう)、昭陵(しょうりょう)の3つが公開されていますが、発掘が行なわれているのは定陵だけです。定陵は6年の歳月をかけて作られた第14代神宗万暦帝と皇后たちの陵墓で、1957年に発掘が行なわれました。現在は定陵博物館として、地下宮殿や豪華な副葬品が公開されています。

明清朝の皇帝陵墓群明清朝の皇帝陵墓群明清朝の皇帝陵墓群

世界遺産登録:2000/2003-2004年

 
 

登録された陵墓一覧

  • ◇湖北省
  •     明顕陵 明の嘉靖帝の父の陵墓 (2000年登録)
  • ◇河北省
  •     清東陵 清の5人の皇帝の陵墓群 (2000年登録)
  •     清西陵 清の4人の皇帝の陵墓群 (2000年登録)
  • ◇北京市
  •     明の十三陵 明の13人の皇帝の陵墓群 (2003年登録)
  • ◇江蘇省
  •     明孝陵 明の洪武帝の陵墓 (2003年登録)
  •     常遇春墓、仇成墓、呉良墓、呉禎墓、徐達墓、李文忠墓 孝陵周辺に葬られた功臣の墓群 (2003年登録)
  • ◇遼寧省
  •     永陵 後金のヌルハチの先祖4代の陵墓 (2004年登録)
  •     東陵(福陵) 後金のヌルハチ皇帝の陵墓 (2004年登録)
  •     北陵(昭陵) 後金のホンタイジ皇帝の陵墓 (2004年登録)
 

明・清朝皇帝陵墓群へのアクセス

明清朝の皇帝陵墓群
  • 明や清王朝時代に建設された巨大な陵墓群です。
  • 北京の北西約50キロにある。
 

明十三陵

明十三陵 明十三陵
  • 八達嶺に連なる天寿山のすそにある明代13人の皇帝の陵墓。明朝16代皇帝のうち、成祖永楽帝以後の皇帝13代の皇帝の陵墓がある。観光客に公開されているのは陸道の神路と、長陵と定陵の3陵墓。その他は立ち入り禁止。出土した遺品を展示する博物館などがある。
 

明・清朝皇帝陵墓群へのオススメツアー

 

北京から明・清朝皇帝陵墓群へのオススメマイバス

 

北京市内および北京郊外のオプショナルツアー・マイバス

  • 北京の周辺にはまだまだ他の魅力的な世界遺産や観光地が沢山あります。マイバス北京ではさまざまなオプショナルツアーをご用意しています。

マイバス

北京のホテル

 
Valid XHTML 1.0 Transitional