JTB CHINA > 中国世界遺産 > 世界複合遺産・峨眉山と楽山大仏
 
 

世界複合遺産・峨眉山と楽山大仏

峨眉山は中国仏教四大名山の一つ
楽山大仏は世界で最も高い石刻大仏

    峨眉山(がびさん)は標高3,099メートルの山で、中国仏教四大名山の一つです。報国寺(ほうこくじ)、万年寺(ばんねんじ)など26の寺が立ち、中でも万年寺は東晋時代の古刹で、980年に鋳造された普賢菩薩像が安置されています。観光で行く場合は標高3,077メートルの金頂(きんちょう)が最も高い場所になります。金頂では天候などの条件が揃えば、雲海に映った人の影の周りに光の輪ができる仏光と呼ばれる現象が見られることがあります。なお、金頂へはバスやロープウェイを使えば日帰りで行くことができます。
    楽山大仏(らくざんだいぶつ)は峨眉山から約40キロ離れた岷江(びんこう)と大渡河(だいとが)の合流地付近にあります。大仏は河の氾濫や水難事故を鎮める目的で建造されたもので、713年の着工から約90年の歳月をかけて完成しました。高さは約71メートルあり、世界で最も高い石刻大仏です。

峨眉山と楽山大仏峨眉山と楽山大仏峨眉山と楽山大仏

世界遺産登録:1996年

 
 

峨眉山と楽山大仏へのアクセス

峨眉山と楽山大仏
  • 豊かな自然と文化が融合する古来からの霊山です。
  • 中国中南部、成都から南に約120km(成都からツアー)
 

峨眉山

峨眉山
  • 普陀山、五台山、九華山と並び中国仏教四大名山に数えられる世界遺産の峨眉山は、雲海たなびく神秘的な姿でも有名。金頂からの眺めは仙人の住む山の異名もうなずける神々しい景色です。また、ふもとの報国寺をはじめ、普賢菩薩像が安置されている万年寺など、山内には10年以上の堂宇が残ります。
 

楽山大仏

楽山大仏
  • 唐の玄宗皇帝の時代、凌雲山の麓、岷江の水害を鎮めるために、90年の歳月をかけて、断崖に彫られました。高さ71m、肩幅24m、足のは100人が立てるほど大きさがある石刻座仏は慈悲深く、柔らかな表情をしています。
 

中国各地より峨眉山と楽山大仏へ訪れる中国国内ツアー(宿泊+送迎+観光+日本語ガイド付き)

 
 

峨眉山の基本情報

 
Valid XHTML 1.0 Transitional