上海蟹特集・JTB CHINAの特集


上海の秋の味覚を代表するJTB CNINAグループの上海蟹特集です。今が旬!。中国のことなら安心と信頼のJTB CHINAグループへ。

上海蟹特集
 

上海蟹のシーズン

 よく聞く「九雌十雄」とは、上海蟹の食べごろを表現した中国語です。9月はメス、10月はオスという意味ですが、これは旧暦の9月・10月を指しています。現在の暦ですと、メスは産卵期で丸々と太った10~11月、オスは大きく成長してミソがたくさん詰まった11~12月が最高に美味しいシーズン!そう、まさに今が上海蟹のシーズンなのです!上海蟹の正式名はシナモズクガニ。安徽省、山東省なども産地として有名ですが、江蘇省の湖で育つ蟹は特にがっしりとして大きく、ミソと卵が濃厚なのが特徴。
 蘇州近郊の「陽澄湖」と「無錫太湖」の蟹が最高と言われています。ここ「陽澄湖」の蟹は、蟹みそが他地域より甘みがあり、大きさも比較的大きく(雌200g、雄300g)食べごたえがあるのが特徴。
 水深が浅くて、餌が豊富な湖で育つ蟹はよく太っていて身が締まって美味しいです。蟹は大きくなるまでに脱皮を4~6回くり返すのですが、その間に約半分くらいの蟹が死んでしまいます。生き残った強い蟹だけが、美味しい上海蟹になるのです。
上海蟹シーズン
上海蟹シーズン 美味しい上海蟹食べるなら
 やはり一番に人気が高いには王宝和大酒店で頂く上海蟹料理。いろいろな蟹が出回る中「陽澄湖」の確かに蟹を美味しくいただけます。また国内外にVIPの来店も多く、小泉元首相もお越しになったところです。格式ある上海蟹の名店は接待にプライベートに大活躍です。
 年間通して美味しい上海蟹をいただけるのはここ王宝和大酒店。使用する陽澄湖産の上海蟹は大きく重く、背が青くて腹が白く、爪が金色で毛が黄色、蟹みそが多く肉は白くやわらかくその美味しさは国内外に広く知られています。蟹のシーズンには経験豊かな担当者が隔日陽澄湖へ買い付けに行き蟹を一杯ずつ自ら厳選。厨房では蟹料理に用いる蟹はすべて陽澄湖の活きた蟹をその場で調理し、新鮮さと素材そのものの味を大切にしています。
 そしてこの上海蟹には中国の老酒が相性ピッタリ。王宝和大酒店では「王宝和老酒」という独自で醸造したお酒も人気。蟹は寒性であり老酒は蟹を食べる時に寒気を取り除くとして古くから最適な選択とされており、より蟹を美味しくいただけます。また立地も南京東路に近く、ホールでは同時に350名収容可能。小宴会場も9室ありスタッフの対応も行き届いており大型団体のお客様にもゆっくり本場上海蟹をご堪能いただけます。
矢印見てください。本場「陽澄湖」産の蟹みそ。蟹通をも唸らせます!

上海蟹を堪能できるおススメのオプショナルツアー

上海オプショナルツアー

 
 
 

香港オプショナルツアー

 
  • 究極の中華夕食と男人街散策

    た~っぷりのフカヒレあんかけをチャーハンかける究極のメニューと、旬の蟹料理をミックスした特選料理。食後は男人街の散策が堪能できます。
    旅行代金:HK$850~     香港
 

Valid XHTML 1.0 Transitional