JTB CHINA > 中国国内空港 > 香港国際空港
 
 

香港国際空港

香港国際空港 Hong Kong International Airport

 
中国語名:香港國際機場、赤鱲角國際機場
現在の香港国際空港は、香港市街地のそばにあった啓徳空港に代わるものとして造られた。キャセイ・パシフィック航空、およびその傘下の香港ドラゴン航空とエア・ホンコンのハブ空港である。ギネスブックが「最も高価な空港」と認定するように、6年の歳月と200億ドルの巨費を費やした新空港の建設は、古今を通じて史上最大の空港建設プロジェクトとなっている。

ターミナルのご案内

ターミナル 旅客ターミナルのデザインは、イギリスの著名な建築家であるノーマン・フォスターによる基本計画をベースに空港公団による実施設計と設計監理が行われた。 ターミナル内には数多くのレストランやみやげ物店があり、特に発着エリア内には免税店や本屋、シャワールームなどの他、エルメスやブルガリ、ダンヒルなどの高級ブランドのブティックなど、様々な種類の店舗を揃えており、長時間の乗り継ぎの際も退屈しないような工夫がされている。

空港までのアクセス

  • 鉄道
    鉄道
    香港国際空港と香港駅(MTR中環駅に直結)を青衣駅・九龍駅経由で結ぶエアポート・エクスプレス(機場快綫)が運行されており、空港―香港間の所要時間は約24分。ランタオ島北部から青衣駅にかけての走行路線はMTR東涌線と共通だが、東涌線は空港には乗り入れていない。なお、到着ロビーから鉄道駅の間には階段などの段差はなく、荷物を持ったまま円滑に移動することが可能である。 また、エアポート・エクスプレスの利用者は、香港駅、九龍駅のチェックインカウンターでチェックインが可能である。荷物もここで預けることが可能である。
  • バス
    バス
    香港島や九龍・新界へ空港バスが運行されており、所要時間は香港島だと1時間程度、九龍だと40分程度、新界だと30分から1時間程度。梅窩など、ランタオ島内行きの一般バスもある。
  • タクシー
    タクシー
    運行地区別に車体の色が分かれているため(香港島・九龍は赤・新界は緑、ランタオ島内は青)、利用者は、目的地に応じたタクシー乗り場から乗車することになる。なお、香港国際空港へは、前述の営業エリアに関わらず、全てのタクシーが行くことができる。
  • 高速船
    高速船
    空港のスカイピア(フェリー埠頭)からTurboJET社などによってマカオや中華人民共和国本土を結ぶ高速船が就航している。現在はマカオ、深圳(福永)、CKSが深セン経済特区(蛇口)、東莞(虎門)、中山へそれぞれ運行している。

外部サイト

Valid XHTML 1.0 Transitional